子供3人と初プチキャンプ

こんにちは。3児の子育て奮闘中のゆるりです。

ブログをご覧いただきありがとうございます。

皆さんキャンプに行かれた事ありますか?

私は、完全にインドアな家庭で育ったので、行った事がありませんでした。

キャンプに連れて行ってくれるお父さんって本当に素敵ですよね。

いつか子供ができたら、家族と一緒にキャンプに行けるような家庭に憧れ続け30年。ようやく夢が叶ったので記録します。

キャンプ初心者が選んだキャンプスタイルは?

夫にキャンプ経験を聞いてみると、10歳の時に家族と行ったことがあるようなー?と遠い昔の記憶だけを頼りに、キャンプに行ってきました。

キャンプ初心者決定‼︎
キャンプ偏差値低すぎて笑いました。

そんな私達が選んだキャンプスタイルは、テントなど張らず、ログハウス完備の宿泊可能なキャンプ場を選びました。

冷蔵庫や炊飯器、電気ポット、フライパン、まな板、包丁、食器、お風呂、トイレなどなどほとんど揃っていました。

食材付きのバーベキューセットもあり、電話で聞いてみると、「食材を持ち込まれた方が割安でいいと思いますよー」とキャンプ場の方から情報を頂き、食材は持っていきました。

手ぶらで手軽にキャンプが楽しめる時代なんですね。昔からあったのな?

キャンプ前にコロナ対策ガイドラインをチェック

<キャンパーが講じるべき対策>

チェック

県境をまたぐ移動については、キャンプ場のある自治体の指示に従う

食材や消耗品などの購入は、できるだけ自宅周辺で済ませる。

③ 出発前に検温などを行い健康状態をチェックする。

キャンプ場に到着する途中(サービスエリア、観光施設など)でも3密状態(密閉・密集・密接)を避けるようにする。

⑤ キャンプ場では運営者の指示に従い、感染防止に積極的に協力する。

管理棟、炊事場、トイレなど屋内施設では3密状態を避けるようにする。

マスクを持参し、他人との距離を十分取れない恐れがある場合に着用する。マスク着用時は熱中症リスクに注意する

消毒用アルコールは引火の危険があるので、特に子供は消毒直後に火に近づかないよう注意する。高温になる車内には保管しない。

<引用サイト>オートキャンプを楽しむための新型コロナウイルス対策ガイドライン 一般社団法人日本オートキャンプ協会

こんな時期だからこそ、お互いの意識やマナーを高めて安全に楽しめるようにしたいですね。

消毒用アルコールの直後に火に近づかないように子供達に説明をしました。私も意識できていない部分だったので事前にチェックして良かったです。

マスクを着用していると、喉が渇きにくく熱中症になりやすいので、こまめな水分補給がこれからの季節大切ですね。

プチキャンプで準備したもの

クーラーボックスを中古で1000円くらいで購入し食材を持っていきました。

子供が幼いので野菜は自宅で事前に食べやすい大きさに切り持っていきました。

食材は、お肉、ウインナー、焼き鳥、野菜(キャベツ、ジャガイモ、人参、玉ねぎ)冷凍焼きおにぎり、焼肉のたれ、お茶、酎ハイ

洗い物をしたくなかったので、紙皿、割り箸、紙コップ

他、花火OKのキャンプ場だったので、花火を購入しました。

後は着替えと虫除けスプレー。

食後に甘いものが欲しくなったので、焼きマシュマロをすれば良かったなとーと後悔‼︎次回は竹串とマシュマロも買おう。

バーベキューが美味しすぎた

 

 

屋根ありのバーベキュー施設を借りました。3000円くらいから借りれるようですね。我が家は宿泊特権で1500円でかり、炭3kg、焼き網、トングが付いていました。

炭に火をつけるのに40分と時間がかかりました。BBQの時間に合わせて早めに炭へ火を起こす事が大切ですよ〜

いざ、バーベキュースタート。「おいしー」「おいしー」と子供達も大喜び。私も、炭で焼くとこんなに美味しいの?と驚きました‼︎

いつものスーパで買う安いお肉なのに、表面はパリッと焼け、中はふっくらと柔らかく、香ばしい‼︎野菜も風味が増し香ばしくとにかく美味しいんです。

バーベキューおすすめです‼︎

炭は遠赤外線効果で表面を素早く焼き上げるので、肉の旨味成分(アミノ酸)のある肉汁をしっかり閉じこめ、旨味を逃さない‼︎

炭には旨味成分である有機酸類やミネラルが豊富に含まれ、煙として、食材に付着して香りと旨味を引き立ててくれるようです。

納得‼︎

大自然でのびのび遊べた

今回、東京ドーム5個以上の広さのあるキャンプ場に行ってきました。見渡す限り、山‼︎

子供達も久しぶりにのびのびと自然の中を駆け回る事ができました。

キャンプ場に宿泊したので、早朝7時半頃より子供と遊びましたよー。

昼だと、宿泊以外のお客さんもいて、遊具などは時折、順番待ちになるものも。

誰もまだいない早朝は狙い目ですよ!

こんな感じのハンモックがありましたよ〜

子供達もご満悦‼︎激しく揺らしブランコとして楽しんでいました。


ハンモックにのんびり揺られてみたい願望ってありませんか?

私は昔から気になっていたので、初ハンモックに乗ってみました。

乗った瞬間、体が包まれる感じで、ゆらゆらと心地良くてリラックスできました〜。

ただ、私の体重が重いのかお尻だけ沈んで揺れるたび、擦れてしまって大笑いもしましたが… 

そのほか、木に取り付けられた、絵本に出てきそうな木のブランコ。これもちょっと憧れがありました。

公園のブランコとは比べ物にならないほど、どこまでも〜どこまでも〜飛んで行けそうな感覚の、ブランコでした。表現しにくいのですが、風が気持ちよく、ハイジになったような気分でしょうか?

日頃クールな夫ですが、このブランコは気に入ったようで、ブランコを占領していて、子ども達からブーイングの嵐W

早朝なので、人目を気にせず大人も童心に返り遊べましたよー。

夜は星が素敵すぎました。星に詳しかったら天体観測なんかにも憧れます。

大自然に癒されました!!森林浴をする事で、創造力や幸福感が高まったり、ストレスホルモンが減少し、免疫力もアップする事が研究で分かっているようですね! 素敵♡

プチキャンプに行って欲しくなったもの

広いキャンプ場に到着して困った事。駐車場とバーべキュー場や遊具のある場所が地味に遠い。

今回たまたま、宿泊するコテージに車を横付けする事ができたので助かりました

ただ、遊具までが遠かった。遊具に辿り着くまでに、子供達がへとへとに。

キャンプ偏差値高めのパパ達が共通して持っていたもの

キャリーワゴン!!子供と大量の荷物を載せての一度に快適に移動されていました。

ワンタッチで簡単にテントができると便利。

パーべキュー用具を借りたのですが、炭に火をつけるのに、時間がかかりました。着火剤やバーナーなどはセットになく、事前に確認しておいた方がベストです。火口が自在に伸びる小型バーナーがあると便利だと思いました。

キャスター付きのクーラーボックスも移動が楽でいいですよね。

もう一度、ハンモックに乗りたい。

まとめ

初めて行ったプチキャンプは有意義な一日でした。美味しいお肉が食べられ、大自然の中で開放的に自然と触れ合い思いっきり遊べ満足できました。

私達のようにキャンプ初心者でも十分楽しめるようになキャンプ場も沢山あるのでおすすめですよー。

お庭がある方はおうちでキャンプやバーベキューも楽しそうですよね。羨ましい限りです。
次回は少し、ハードルを上げてキャンプを楽しんでみたいなー。

最後までお読み頂いてありがとうございました。
もし、良かったらポチッとしてくださると励みになります♡

PVアクセスランキング にほんブログ村


人気ブログランキング

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

yururi 30代の子育て奮闘中の3児のママ 子供と心地よく暮らすをもっとーにブログをはじめました。 子育てについて、好きなもの、気になること、役にたった事 日常でときめいたものを自由に紹介しているブログです。